経営テクノロジー┃ipadをposレジ可する画期的なストーリー

店舗

貸しおしぼりの利用

貸しおしぼりを利用する

店舗

貸しおしぼりを利用する場所は、飲食店がとても多いです。特に飲食店の中でも夜の営業を行っているようなスナックやバー等は、比較的にお金を落としてくれるお客さんが多いですから、まだ収入面でも余裕があるので、ちゃんとした貸しおしぼりを提供してくれるのです。 注意したいところは、今まで貸しおしぼりをお客さんに提供していたようなお店が急に経費の問題もあって、貸しおしぼりから紙おしぼりに代えてしまう場合です。お客さんとしては今までちゃんとしたおしぼりが提供されていたのに、急に紙になってしまったら、かなりがっかりしてしまいますし、コスト削減したなと思ってしまうわけです。 これが直接、来客数減につながる可能性もあるのです。

貸おしぼり利用で知っておきたい点

これから喫茶店経営をスタートさせようと思っている人は、まずは色々な身の回りのものを用意したり、店内の備品類の調整が必要です。 そして、それなりの飲食単価で料理等を提供する喫茶店であれば、おしぼりはしっかりとした貸しおしぼりを利用したいところです。 お客側からしても、タオル生地のおしぼりを提供してくれるお店と紙のおしぼりを提供してくれるお店では、居心地は当然、タオル生地のおしぼりを提供してくれるところの方が良いです。もちろん、全員が全員ではないですが、その傾向はかなり強いです。 これを念頭に置いた上で、何を提供していくのが自分のお店はベターなのかを判断されるのが良いでしょう。ここがとても大きなポイントです。